【ワールドトリガー】本日より第1話~第60話一挙放送をニコ生にて実施!!

ワールドトリガー

出典:Amazon.co.jp

2014年10月より毎週日曜朝6時30分〜放送中のテレビアニメ『ワールドトリガー』の
第1話~第60話までの連日一挙放送が本日より実施となります!!
まだ、ご覧になった事がない方は、必見となっていますよ!!

 

本日より実施となるアニメ『ワールドトリガー』の第1話~第60話までの連日一挙放送は、
1月5日(火)〜1月9日(土)まで毎日分割で実施となります。
本日は、1話~12話までを一挙放送!!

 

 

この一挙放送をご覧になれば、
1月10日の最新話・第61話の放送からそのまま継続してみる事可能となっています!
是非、まだご覧になった事がない方は、この機会にご覧くださいね!
ちなみに「タイムシフト視聴」にも対応しています。

 

さらに、
1月10日(日)の放送より、「2016年もよろしく!5週連続プレゼントキャンペーン」が実施となります!
プレゼントに応募するには番組内で発表される「キーワード」が必要という事なので
是非、気になる方は、番組を要チェック!!

 

 

原作となっている漫画『ワールドトリガー』は、
現在、集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載中となっています。
作者は、「葦原大介」先生。

 

 

アニメ『ワールドトリガー』一挙放送の概要

【配信サイト】:ニコニコ生放送
【日時:内容】:
・1月5日19時〜:1話~12話
・1月6日19時〜:13話~24話
・1月7日19時〜:25話~36話
・1月8日19時〜:37話~48話
・1月9日19時〜:49話~60話

アニメ『ワールドトリガー』

あらすじ

三門市。人口28万人。ある日この町に異世界への門が開いた。
「近界民(ネイバー)」後にそう呼ばれる異次元からの侵略者が門付近の地域を蹂躙、街は恐怖に包まれた。
近界民に地球上の兵器は効果が薄く、都市の壊滅は時間の問題と思われた。
しかし、その時突如現れた謎の一団が近界民を撃退。近界民の技術を独自に研究し、
「こちら側」の世界を守るため戦う組織、界境防衛器官「ボーダー」。
彼らはわずかな期間で巨大な基地を作り上げ、近界民に対する防衛体制を整えた。
それから4年。門は依然として開いているにも拘わらず、三門市を出て行く人間は驚くほど少ない。

中学生の三雲修もまた、ボーダーに所属していた。
ある日、修のクラスに転校生がやってきた。空閑遊真と名乗った少年は、
何故かボーダーの人間にのみ携帯を許される「トリガー」と呼ばれる武器を持っていた。
修に問いただされた遊真は言う。
『俺は門の向こうの世界から来た。お前らが言うとこの「近界民」ってやつだ』
遊真と修、二人の物語が動き始める。

スタッフ

原作:葦原大介
シリーズ構成:吉野弘幸
音楽:川井憲次
キャラクターデザイン/総作画監督:
海谷敏久・鶴田仁美
美術設定:李炫定
美術監督:今野慎一
シリーズディレクター:本郷みつる

キャスト(声優)

空閑遊真(CV:村中知)
三雲修(CV:梶裕貴)
雨取千佳(CV:田村奈央)
迅悠一(CV:中村悠一)
レプリカ(CV:田中秀幸)
嵐山准(CV:岡本信彦)
烏丸京介(CV:福山潤)
小南桐絵(CV:釘宮理恵)
木崎レイジ(CV:前野智昭)
木虎藍(CV:花澤香菜)
三輪秀次(CV:森田成一)
忍田真史(CV:草尾毅)
林藤匠(CV:藤原啓治)

 

 

©葦原大介/集英社・テレビ朝日・東映アニメーション

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

          

最新情報をお届けします

 

Twitterでフォローしよう!

LINEで友達追加しよう!

line

■関連記事一覧

ライター
PAGE TOP ↑↑↑