【よつばと!】第20回手塚治虫文化賞<マンガ大賞>を受賞!!

よつばと 画像

(C)KIYOHIKO AZUMA/YOTUBA SUTAZIO

アスキー・メディアワークス発行のコミック雑誌「月刊コミック電撃大王」にて連載中のあずまきよひこ・著『よつばと!』が、
第20回手塚治虫文化賞<マンガ大賞>を受賞しました。
その他、第20回手塚治虫文化賞の受賞作品が発表されています。

 

今回、 第20回手塚治虫文化賞<マンガ大賞>を受賞した『よつばと!』は、
例年では、1作品が選出されるところ、今年は、『鼻紙写楽』(小学館刊)とのダブル受賞となっています。

 

 

そもそも、手塚治虫文化賞とは、日本のマンガ文化の発展、向上に大きな役割を果たした手塚治虫氏の業績を記念し、
手塚氏の志を継いでマンガ文化の健全な発展に寄与することを目的に、朝日新聞社が1997年に創設した賞です。
<マンガ大賞>は年間を通じて最も優れた作品に贈られています。

 

『よつばと!』は、5歳の女の子[よつば]と[とーちゃん]を中心にまわりの人たちとの何気ない日常を描いたマンガ作品で、
2003年3月より「月刊コミック電撃大王」にて好評連載中です。
コミックスは現在「電撃コミックス」より13巻まで刊行しており、コミックスの累計発行部数は1,300万部を突破しています。

 

 

受賞歴も豊富で、 今回の手塚治虫文化賞<マンガ大賞>のほか、2006年度の第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞など、
さまざまな賞を受賞しております。
海外出版についても英語ほか13カ国語に翻訳され、23の国と地域での発行部数が200万部を突破するなど、世界的にも注目度の高い大人気作品です。

 

さらに、
よりすぐりのエピソードを試し読みできる特設サイトも開設しており、今回の受賞を記念して、
コミックス最新第13巻収録分から2話をあらたな試し読みエピソードとして追加しております。
また、受賞したことにより、編集部からのコメントも到着しています。

 

 

第20回 手塚治虫文化賞 受賞作・受賞者

マンガ大賞(年間のベスト作品に贈る)

『鼻紙写楽』(小学館)
[正賞:賞牌 副賞:100万円]
一ノ関 圭 作

『よつばと!』(KADOKAWA)
[正賞:賞牌 副賞:100万円]
あずまきよひこ 作

新生賞(斬新な表現、 画期的なテーマなど清新な才能の作者に贈る)

安藤ゆき
[正賞:賞牌 副賞:100万円]
主人公のユニークな造形が光る『町田くんの世界』(集英社)の清新な表現に対して

短編賞(短編、 4コマ、 1コマなどを対象に作品・作者に贈る)

『じみへん』(小学館)
[正賞:賞牌 副賞:100万円]
中崎タツヤ 作
四半世紀にわたった連載で築き上げた唯一無二の笑いの世界に対して

特別賞(マンガ文化の発展に寄与した個人・団体に贈る)

京都国際マンガミュージアム
[正賞:賞牌 副賞:100万円]
10年にわたり博物館と図書館の両面からマンガ文化に貢献した活動に対して

編集部よりコメント

このたび手塚治虫文化賞「マンガ大賞」をいただいたこと、 編集部一同とても嬉しく思っています。
2003年の連載開始から13年、あずまきよひこ先生が変わらず描き続けてきた『よつばと!』の世界は、
今や年齢も性別もジャンルも超えて、広く愛されるものとなりました。
今回の受賞も、これまで『よつばと!』を支えてくれた読者のみなさまのおかげだと思っています。
これからもよつばと一緒に笑って、泣いて、怒って、楽しい日々を過ごせる作品をお届けしたいと思っていますので、よろしくお願いします。
このたびはどうもありがとうございました。そしてあずま先生、おめでとうございます!

月刊コミック電撃大王編集部

『よつばと!』&あずまきよひこの受賞歴

・文化庁メディア芸術祭10周年記念 日本のメディア芸術100選選出(2006年度)
・第10回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 優秀賞(2006年度)
・漫画専門店「とらのあな」コミック大賞 総合第1位(2007年度)
・マンガ大賞 第2位(2008年度)
・Amazon.co.jp 殿堂入り著者・アーティスト選出(2010年度)
・Amazon.co.jp 2013年 Books上半期ランキング コミック・ライトノベル第1位(2013年度)

合わせて読もう!

【よつばと!】最新第13巻が11月27日に発売決定!約2年半ぶりの最新巻!!

 

 

タグ:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

          

最新情報をお届けします

 

Twitterでフォローしよう!

LINEで友達追加しよう!

line

■関連記事一覧

コスプレ

カテゴリ別人気ランキング

ライター
PAGE TOP ↑↑↑