【茅野愛衣】演じたキャラ代表作とは?アニメファンが選んだベスト11

サブカルウォーカー編集部

茅野愛衣 キャラ

出典:amazon.co.jp

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」本間芽衣子(めんま) 役、
「さくら荘のペットな彼女」椎名ましろ 役、「好きっていいなよ。」橘めい 役、「ノーゲーム・ノーライフ」白 役などで、
知られる声優の「茅野愛衣(かやの あい)」さんがこれまで演じたキャラからアニメファンが選んだ代表作ベスト11をご紹介します!

当サイトにて、
実施していた声優「茅野愛衣」さんがこれまでに演じたあなたのお気に入りキャラのアンケート」の
結果より、アニメファンが選んだ代表キャラ(代表作)のベスト11をご紹介したいと思います。

「茅野愛衣」の代表作(代表的キャラ)とは?

めんま<本間芽衣子>(あの花)

あの花 めんま

出典:Amazon.co.jp

最初に、ご紹介させていただくのは、
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(以下、あの花)です。
実写化もされている作品となっており、ご存知の方も多いのでは!?

茅野愛衣さんは、
本作でヒロイン・めんま<本間芽衣子>役を演じています。
物語は、とっても感動的で日々の疲れを癒してくれるような作品になっています。

今回のアンケートでも圧倒的多数で、
投票があったキャラクターor作品となっており、
やはり、印象に強い作品になっているようです。

また、本作をご覧になっていないという方は、
茅野愛衣さんが演じたこのめんまというキャラに
注目しながら、あの花をご覧になってみてください!

「あの花」とは!?

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)は、
フジテレビ・ノイタミナ枠にて2011年4月から6月までの期間に
放送されたオリジナルアニメ作品。

2015年9月21日には、
実写ドラマ版がフジテレビにて放送。
アニメ放送から数年が経ってもなお、名作として知られている作品です。

アニメは、
監督を長井龍雪氏、脚本を岡田麿里氏、
キャラクターデザインを田中将賀氏、アニメーション制作をA-1 Picturesが手がけています。

ファンからのコメント

めんまの、明るさと最後の切なさ。何度みても、泣けます!

かやのんと言えば「めんま」。
感動的なストーリーとめんまの可愛いさでとても印象深い

茅野さんらしいキャラでびっくりするほどぴったりでした。毎回先の読めないストーリーの展開にドキドキとワクワクで不安と期待でいっぱいでした。今でも自分の中では大切な大切なアニメです。あの花に出会えていろいろ変われた自分が居ます。なのでめんまにしました。

今まで観たアニメの中で1番泣きました。
そして茅野さんを好きになった作品でもあるので、一票入れさせてもらいます。

今でも思い出せる作品だから

かやのんを知った作品だから

何度みても泣けるそんな作品。
またかやのんを知った作品でもあるので。

かやのんが演じたこのめんまというキャラクターは、
今でも心に残っています。
なので、1票入れさせていただきます。

とにかく、可愛い。
かやのんが演じたからこそのめんまだと思うので。

白(ノーゲーム・ノーライフ)

ノーゲーム・ノーライフ 白

出典:amazon.co.jp

次に、ご紹介させていただくのは、
「ノーゲーム・ノーライフ」より、白になります。
本キャラクターは、物語の中心人物・空白のうち、「白」になります。

白は、
とにかく可愛い。そんなキャラクターとなっています。
茅野愛衣さんがどんなキャラでも演じることができるのか!?とまで思うほどの演じぶり。

アンケートでもめんまに引けを取らず、投票数を獲得したキャラになっており、
ほとんどの方が「可愛い」というコメントを残しています。
まだ、本作をご覧になっていない方は、是非チェックしておきたい作品です!
作品自体も評価が高い作品となっています。

「ノーゲーム・ノーライフ」とは?

「ノーゲーム・ノーライフ」は、
「MF文庫J」より刊行されている小説(ラノベ)。
著者は、榎宮祐氏。
その他、「月刊コミックアライブ」にてコミカライズも行われています。

そして、TVアニメ化も行われており、
2014年4月から6月までの期間に放送されていました。
アニメの監督をいしづかあつこ氏、シリーズ構成を花田十輝氏、
キャラクターデザインを大舘康二氏、アニメーション制作をマッドハウスが担当。

さらに、
映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』が2017年7月15日に全国ロードショー。
アニメ映画としては、大ヒットとなりました。

ファンからのコメント

ノーゲームノーライフ1話を見ていて、白が喋った瞬間、白を好きになりました。
その時から白の声は誰だと気にし始めて…

声優茅野愛衣の存在を初めて知ったのがノーゲームノーライフだったので白が好きです

茅野さんには珍しい究極のロリボイス?がドンピシャに来ました。ノーゲーム・ノーライフゼロでの演技と素晴らしかったから(それはシュヴィだけど…)
あと、このキャラクターで初めて茅野さんを知ったから印象深いですね。

子供みたいな声もできるんだと初めて印象に残った作品だったのでこのキャラを選びました。

かやのんの声を初めて聞いたキャラだから。
キャラと声がマッチしてた。

儚くてたまにある発言がいちいち可愛かったり面白いから

可愛さ、あどけなさがよく出ていたから。
合っていたキャラは他にもいるが、やはり一番好きになったのは白ちゃんです。

この作品で茅野愛衣さんを意識しました。
前から声だけは聞いてたのですが、ファンになった作品です。

可愛いし、かやのんだからこそ、よりキャラクターの個性が引き立てられているから。

ノーゲームノーライフをラノベから読んでいて好きだし、あの空との絡みがとても良いから。

自分がアニメを好きになった原点です。その中でも女性キャラクター中で一番好きなのが白で容姿もさることながら声が魅力的でした。
茅野さんが声を当てられてるアニメに外れはないと思ってます!

シュビィ・ドーラ(ノーゲーム・ノーライフ ゼロ)

シュビィ・ドーラ

出典:Amazon.co.jp

次にご紹介するのは、
前述の「ノーゲーム・ノーライフ」のおまけになります。
同作品の劇場版「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」に登場する「シュビィ・ドーラ」になります。

この「シュビィ・ドーラ」というキャラクターは、
前述の白と同じ容姿をしているのが特徴的。
また、声も茅野愛衣さんが担当されている点も同じですね。

今回のアンケート時に、
白と迷ってこちらに入れている方も結構いたので、今回はおまけでこちらもご紹介。

ファンからのコメント

映画での演技力がすごくてシュビィのセリフで泣きそうになりました。

原作を読んでいて6巻は、痺れた。シュビィが「ずっと、ずっとずっと―側にいさせて、くだ、さい…」といいながら涙を流したときとても感動し、シュビィに惚れました。でも最後死んでしまったのは、かわいそうだったけど皆死ぬというのは、すごくいいと思いました。

小説版のシュヴィのかっこよさと可愛さ
リクへの愛が、とても印象的だったから

椎名ましろ(さくら荘のペットな彼女)

椎名ましろ

出典:amazon.co.jp

次にご紹介するのは、
人気作品「さくら荘のペットな彼女」より、ヒロイン・椎名ましろになります。
本キャラクターは、感情表現があまりないキャラとなっています。

椎名ましろというちょと、変わった?キャラクターを
茅野愛衣さんがうまく表現できていると思います。
物語の展開で、徐々に変わっていく彼女の姿に注目です。

まだ、
そんな本作品をご覧になっていないという方は、
是非、ご覧になってみてください。

「さくら荘のペットな彼女」とは?

「さくら荘のペットな彼女」は、
電撃文庫より、刊行されている小説(ラノベ)。
著者は、鴨志田一氏、イラストは溝口ケージ氏が担当。
その他、コミカライズなども行われています。

TVアニメは、2012年10月から2013年3月までに放送。
監督をいしづかあつこ氏、シリーズ構成を岡田麿里氏、
キャラクターデザインを藤井昌宏氏、アニメーション制作をJ.C.STAFFが手がけています。

本作では、
悪名高い「さくら荘」の住人・椎名ましろやその他のキャラクターと
主人公・神田空太との物語を描いています。

ファンからのコメント

最初は自分じゃ何も出来なかったのに少しずつ周りの人達の影響を受けて変わっていく姿が良いと思いました。

あの若干無気力げな中に、ふと感情がにじむ感じがたまらないです

さくら荘のペットな彼女の作品がとても好きなのもありますが、キャラクターの個性をしっかり捉えており素晴らしいと思ったからです。
今後の作品にも期待しております。

自分の殻に閉じこもっているセリフや感情を表に出すセリフの声の表現の違いがとても好きだから

さくら荘のことを誰よりも思っていて仲間思いなところがとても好きです

普段の淡々とした話し方にもどことなく愛嬌を感じるし、また時々感情を出す時の声に心を揺さぶられるから

あの不思議ちゃん感を出しつつ
まだ慣れない松岡禎丞さんと激絡みしてるから

序盤は椎名の心の動きなどが声などで感じれなかったが話を進めていくにつれ椎名の声の表情が一つまた一つと感じられ椎名の心の動きなど細かいところまで表現されておりこの作品での愛衣さんがいちばんだなと思い選ばせていただきました!

とにかく可愛いので。
物語の進具合でだんだんと変わっていく姿は感動しました。

少しだらしない感じが可愛かった

楪いのり(ギルティクラウン)

楪いのり

出典:Amazon.co.jp

次にご紹介するのは、
名作「ギルティクラウン」より、ヒロイン・楪 いのりになります。
こちらも代表作して挙げられる方が多いキャラクターor作品となります。

楪 いのりは、
巨大な「剣」のヴォイドを持地、有名なウェブアーティスト「EGOIST」のボーカル。
これだけ聞くとどんなアニメ?となるかもしれませんが、
ネタバレしてしまうと悪いので、気になる方はアニメをご覧ください。

キャラクター自体は、
ミステリアスな雰囲気で、とっても可愛いキャラクターとなっています。
また、いつもと異なる茅野愛衣さんがみられる気がします。

「ギルティクラウン」とは?

「ギルティクラウン」は、
2011年10月から2012年3月までに放送されたオリジナルアニメーション。
フジテレビ「ノイタミナ」にて、放送となりメディアミックス展開もされた作品。

監督を荒木哲郎氏、シリーズ構成を吉野弘幸氏、
脚本を吉野弘幸氏、大河内一楼氏、鋼屋ジン氏、宮城陽亮氏、
アニメーション制作をプロダクションI.G 6課が手がけています。

ファンからのコメント

ミステリアスかつ儚げな存在であるキャラ「楪いのり」が茅野さんのウィスパーボイスに絶妙にマッチしていると思いました。

とって?
やれば、できるかもしれない。
でもやらないと絶対にできない。
桜満 集は臆病な人?
このセリフが今でも心の支えになっているからです。
いのりの目覚まし時計は、現役で活躍中です!!

友達に勧められたこのアニメのヒロインに心打たれてアニメを見るようになった

儚げな少女であって、言葉少ななキャラクターではあるけれど、一言一言がとても楪いのり、というキャラクターを構成して完成させるに至っているのは茅野さんの声あってこそかと思うから。

俺的に全アニメキャラでBEST5に入るキャラクターやで!

とにかくかわいい
これを見てアニメにはまった?二次元女子にはまった

作品自体が好きというのもありますが、
かやのんが演じたこのいのりちゃんが好きだというのも理由の一つです。

武部沙織(ガールズ&パンツァー)

武部沙織

出典:Amazon.co.jp

次にご紹介するのは、
人気作品「ガールズ&パンツァー」(以下、ガルパン)より、
大洗女子学園あんこうチームの武部沙織になります。

この武部沙織は、
本作のメインキャラクターとなっており、チームには欠かせないムードメーカー的存在。
通信手を担っています。

ガルパン自体が人気作となっており、
ご存知の方も多いはず。
そんな本作でメインキャラを演じている茅野愛衣さん。
まだ、本作をご覧になっていない方は要チェックです。

「ガールズ&パンツァー」とは?

『ガールズ&パンツァー(ガルパン)』は、
2012年〜2013年に放送されたTVアニメ。
漫画、小説、ゲーム、OVAなどなどメディアミックス展開されている人気作品。

また、
映画化もされており、
完全新作映画『ガールズ&パンツァー 劇場版』が2015年11月21日に公開されています。

さらに、
続編となる『ガールズ&パンツァー 最終章』が全6話構成で、
劇場にて公開となることが決定しています。
第1章が昨年公開されています。

ファンからのコメント

かやのんを知った初めてのキャラでガルパンの中でも一番推しのキャラだから

恋に恋する女の子だけど何かズレている感じが好き。

ガルパンが好きで見ていて、
そこから初めて、かやのんを知ったので。

なんだかんだ、いろいろなキャラクターがいるけど、
最初に浮かんだのがこのキャラだったw

とにかく可愛いくて安心するキャラ。

母性に溢れている

友達になると楽しそう笑
かやのんの声に癒されました。

暁切歌(戦姫絶唱シンフォギア)

暁切歌

出典:Amazon.co.jp

次にご紹介するのは、
またまた人気シリーズ「戦姫絶唱シンフォギア」より、
メインキャラ・暁 切歌(あかつき きりか)になります。

この「戦姫絶唱シンフォギア」では、
作中で歌が流れるのが特徴的。
アンケートでも多かったのがこの歌声に関するコメントでした。

暁 切歌を演じる茅野愛衣さんの歌声に
惹かれて好きになったという方が多く見受けられました。
そんな人気シリーズの本作をまだご覧になっていないという方は、是非ご覧ください。

「戦姫絶唱シンフォギア」とは?

「戦姫絶唱シンフォギア」は、
第1期が2012年1月から3月までに、第2期が2013年7月から9月まで、
第3期が2015年7月から9月までに放送されています。
そして、第4期が2017年7月から10月までに放送。

本作品は、
サウンドプロデュースグループ「Elements Garden」の代表を務める上松 範康氏と、
RPGをはじめ、ジャンルを問わずゲームタイトルを企画開発してきた金子 彰史氏が原作を手掛ける
オリジナルTVアニメーション。
歌とアクションを繰り広げるアニメとなっています。

ファンからのコメント

何故選んだかと言いますと、
初めて暁 切歌ちゃんのキャラと声を見て聴いた時に、
これは茅野愛衣さん(かやのん)しかいないと思いました。

理由は
このシンフォギアは戦闘シーンが多めのアニメでして
戦闘シーンになると変身とそのキャラの歌が流れるのですが、切歌ちゃんの(かやのん)歌が素晴らしかったです。

切ちゃんかわいいデース

歌歌うし、語尾が可愛いし、ライブするし
まぁいろいろと。

歌もいい。キャラもいい。比較的おとなしいキャラの印象が強かったかやのんがやるハツラツキャラが新鮮だったから。

とにかく可愛い
語尾のデスが特徴的でほんとにかやのんの声にあってると思う!

語尾にデスがつくところがかわいいです!
それから、南條愛乃さんとのデュエットがとても大好きです!

デースッ!とかデデデデース!というデス系を使うときの発音、可愛さがヤバいデースッ!

んちゃで語尾でデスッとつける所が一番かわいいです…。

デスッデスッデスッが可愛いすぎて、惚れました。
なので、切ちゃんに1票〜!!!

霞ヶ丘詩羽(冴えない彼女の育てかた)

霞ヶ丘詩羽

出典:Amazon.co.jp

次にご紹介するのは、
人気作品「冴えない彼女の育てかた」(冴えカノ)より、
霞ヶ丘 詩羽(かすみがおか うたは)になります。

このキャラクターは、
物静かでクールな印象の美人キャラ。
これまでの茅野さんとはまたちょっと異なった一面を見ることができる大人な女性のイメージ。

アンケート結果でも、
以上のことから、「美人」、「お姉様キャラが合ってる」と言ったコメントが
多く見受けられました。
かやのんの声と合ってると言われている霞ヶ丘 詩羽が登場する本作を
まだご覧になっていない方は要チェックです!

「冴えない彼女の育てかた」とは?

『冴えない彼女の育てかた』は、
富士見ファンタジア文庫より、刊行されている小説(ラノベ)。
著者は、丸戸史明氏、イラストは、深崎暮人氏が担当。
その他、コミカライズ及び、ゲーム化などもされています。

TVアニメは、
第1期が2015年1月から3月まで、フジテレビ『ノイタミナ』枠にて放送。
監督を亀井幹太氏、キャラクターデザイン・総作画監督を高瀬智章氏、
アニメーション制作をA-1 Picturesが手がけています。
2期が2017年4月から6月までに放送。

ファンからのコメント

茅野さんの綺麗な声と霞ヶ丘詩羽というキャラクターがすごく合っていてとても大好きだから選びました。茅野さんがお姉様的キャラを演じている時が自分は一番好きです。

一番好きなアニメのキャラだから
茅野愛衣さんの毒舌ボイスを初めて聞いたから

ドsな感じかいい。あと、主人公との会話もおもしろい!

普段の可愛いキャラとは違う、ちょっとSっ気があるのが、とっても良い!

容姿も見事ながら、たまにでる毒舌キャラと◯ネタが素晴らしい。それも茅野さんの声がとてもマッチしているからだと思い、こう書かせてもらいました。

冴えない彼女の育て方が好きだから。
冷たい上から目線からのものいいと、甘える時の反応が萌えるから

先輩らしいクールさと可愛さを表現出来てたから

そもそも冴えカノが好きだった。かやのんからでる美しい系の色っぽい声がとても好き。

冴えない彼女の育て方は個人的に好きで、
その中でも詩羽先輩が一番好きだから。

詩羽先輩の黒い所が垣間見えるシーンでの 茅野さんの演技が凄く合ってました!

ダクネス(この素晴らしい世界に祝福を!)

ダクネス

出典:Amazon.co.jp

次にご紹介するのは、
またまた人気作の「この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)」より、
メインキャラクターのダクネスになります。

もうこのすばをご覧になった方ならわかりますが、
このダクネスというキャラクター・・・・
実に、茅野愛衣さんらしくないキャラなんです!!

ナゼかというと・・・・
これ以上は、アニメをご覧になっていただきたいんですが、
とにかく面白い!!!笑
そしてちょっぴり・・・笑
とにかく、作品をみてください!!!笑

「この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)」とは?

「このすば」は、
KADOKAWA「角川スニーカー文庫」より、刊行されている小説(ラノベ)。
著者は、暁なつめ氏、イラストは三嶋くろね氏が担当。
その他、漫画化もされています。

TVアニメシリーズ第1期「この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)」は、
2016年1月から3月に放送。
シリーズ第2期は、2017年1月から3月までの期間に放送。
監督を金崎貴臣氏、シリーズ構成を上江洲誠氏、
キャラクターデザインを菊田幸一氏、アニメーション制作をスタジオディーンが手がけています。

本作では、
不慮の事故に遭い、死後の世界に目覚めたゲームオタク・カズマは、
過疎化の進む異世界への転生を選択し、駄女神と共に冒険の旅に出て、
様々な困難に立ち向かう様子を描いています。

ファンからのコメント

普段はへっぽこぴー(しかもドM属性付き)なクルセイダーだけど、実は仲間たちを何よりも思う凛々しい人。

演じてるなかで一番生き生きしている
感じがします
きっと素もかぶる所があるからですね!
笑笑^皿^

いつもの役とは少し違い、とても面白かったから。

個性的なキャラなのに、感情をがこもったセリフを見事に演じているのがすごいと思ったから

リアルのかやのんと、役柄が正反対だったから。(SかMか)

悶えるシーン等々がおもしろいから
今までヒロインみたいな綺麗所しか見たことなくてはっちゃけた役が衝撃的だったから

茅野さんの演技力の幅の広さに驚かされた

茅野愛衣さんの演じられているキャラの中では珍しいキャラだと思います
ドMでど変◯、さらにはぶっ◯してやる!などの暴言
をはくキャラで
照れて可愛い!怒っても可愛い!シュンとなってカッとなって忙しそうですが
色んな茅野愛衣を楽しめる

茅野さんの今までに無い特殊な性癖を持ったキャラを全力でやりきってたと思います。
とても印象に残るキャラで作品を盛り上げてくれた茅野さんに拍手??

とにかく、演じ分けがうまくてびっくりしました。

遠山りん(NEW GAME!)

遠山りん

出典:Amazon.co.jp

次に、ご紹介するのは、
「NEW GAME!」より、涼風青葉らが所属するグラフィックチームを
まとめあげている「遠山りん」になります。

キャラクター的には、まとめ役・頼れるお姉さん的存在。
作中では、まとめ役としての活躍ぶりも見れられますが、
時折見せる、同い年の八神コウへの対応が可愛い。

ある意味、茅野愛衣さんらしいキャラクターとなっています。
2期も放送されている本作をまだご覧になっていないとい方は、
是非、ご覧になってみてください!

「NEW GAME!」とは?

「NEW GAME!(ニューゲーム)」は、
芳文社『まんがタイムきららキャラット』にて、連載中の漫画を原作としています。
作者は、得能正太郎先生。

TVアニメは、第1期が2016年7月から8月までの期間に放送。
第2期が2017年7月から9月までに放送。
監督を藤原佳幸氏、シリーズ構成を志茂文彦氏、
キャラクターデザインを菊池愛氏、アニメーション制作を動画工房が手がけています。

ファンからのコメント

八神コウとの掛け合いなどがよかった

落ちつている感じが良い

落ちついているお姉さん的存在で、
なんでも相談できそうな感じがグッド!
こんな人が職場にもいたら・・・

山神ルーシー以下略(サーバント×サービス)

山神 ルーシー

出典:Amazon.co.jp

最後に、ご紹介するのは、
「サーバント×サービス」より、主人公・山神ルーシー以下略となります。

本キャラは、
福祉給付事務係に配属された新人職員でちょっと天然なキャラ。
名前は、長すぎるので山神ルーシー以下略とされています。

キャラクター自身がちょっと茅野愛衣さんに似てる!?
そんな雰囲気のキャラクターとなっていますので、
初めて見る方でも違和感なく見れる気がします。
ほのぼの系の作品となっていますので、是非好きな方はご覧ください。

「サーバント×サービス」とは?

「サーバント×サービス」は、
『WORKING!!』でも知られる高津カリノさんによる作品。
月刊ビッグガンガン他にて連載されていた4コマ漫画。

TVアニメは、2013年7月から9月までに放送。
監督を山本靖貴氏、シリーズ構成・脚本を下山健人氏、
キャラクターデザインを西位輝実氏、アニメーション制作をA-1 Picturesが手がけています。

ファンからのコメント

茅野さんに似ているから

天然でちょっとおっちょこちょいなところとか、
かやのんに似てるな〜って思ってます。
そんなルーシーちゃんが好きです!

この作品をみると、本当癒されます!
私、女ですがルーシーちゃんと一緒に仕事がしたい!!

まとめ

今回は、人気声優の「茅野愛衣」さんがこれまでに演じてきたキャラから、
代表作として挙げられるであろうベスト11をご紹介させていただきました。
募集したアンケートにご回答いただいた方、ありがとうございました。

今回も多くのアニメファン及び「かやのん」のファンの方からの
投票及びコメントをいただきました。
結果を見たあなたはどう感じましたか??

振り返り

では、今回紹介させていただいた11作品(キャラ)について、
簡単に振り返っていきましょう!!!

まず、もっとも投票数が多かったのは、
「あの花」よりめんまとなります!!
やはり、感動できる作品としても名高い作品ですし、何よりめんまが可愛い!!
涙なくして見れない作品ですよね!!

続いて、ノーゲーム・ノーライフより、「白」になります。
『『 』に敗北はない』は、名言ですね!
また、兄とのやりとりなども可愛い点や笑えるポイントが多いです!

そして、最後は「さくら荘のペットな彼女」より、
椎名ましろちゃんになります!
放送された時期は、結構昔になりますが、やはり印象に残っている方が多いようです。
本キャラも個性的なキャラとなっており、茅野愛衣さんの演技力の凄さが伝わってきます。

 

また、
編集部では、意外にもダクネスが好評でした!笑
かやのんらしくない感じが面白くてよかったです。
ある意味、代表作なのかなと思いました!笑
よければこのすばをご覧ください!笑

茅野愛衣さんは、
この他にも様々なアニメやゲームなどに出演されていますので、
それぞれで代表作や代表キャラが異なってくるかもしれません。
今回は、アンケート結果を元に参考までということで、
当サイトにて、ピックアップしてご紹介させていただきました。
もし、今回ご紹介した出演作品で、
ご覧になっていないという作品があるという方は、この機会にご覧になって見てはいかがでしょうか?

下記の記事もチェック

 

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

          

最新情報をお届けします

 

Twitterでフォローしよう!

LINEに記事が届く!

line

ライター:サブカルウォーカー編集部

サブカルウォーカー編集部です。 毎日、アニメや声優、ゲーム、音楽やアイドル、コスプレなどのサブカルチャー関連のニュースやコラムなどを執筆しております。

関連記事一覧

PAGE TOP ↑↑↑