【機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096】キャスト等発表!4/3〜放送開始!

機動戦士ガンダムユニコーン

(C)創通・サンライズ

「機動戦士ガンダム」シリーズ最新作・「機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096」が
2016年4月3日(日)よりメ~テレ・テレビ朝日系列、地上波全国ネットにて放送開始となることが発表されました。
さらに、メインキャスト(声優)やOP・ED主題歌情報などが公開となりました。

 

テレビアニメシリーズ「機動戦士ガンダム」の初回放送から37年。
名古屋テレビ(メ~テレ)・テレビ朝日系列に『ガンダム』がついに帰ってきます!
OVAガンダムとして、Blu-ray&DVD 累計出荷数の最高記録を誇り、「機動戦士ガンダム」直系のDNAを受け継ぐ本作品が、
装いを新たにし、地上波全国ネットにて初放送されることが決定!!

 

 

そして、公開されたメインキャスト(声優)陣は、以下の通り。
バナージ・リンクス役を内山昂輝さん、オードリー・バーン役を藤村 歩さん、
フル・フロンタル役を池田秀一さんが担当する事が決定しました。

 

その他のキャストとして、
浪川大輔さん、甲斐田裕子さん、柿原徹也さん、手塚秀彰さん、戸松 遥さん、下野 紘さん、
菅生隆之さん、高木 渉さん、永井一郎さんらも発表されています。

 

 

今回、放送が決定したアニメ「機動戦士ガンダムユニコーン」は、
KADOKAWAの「月刊ガンダムエース」に2007年2月から2009年8月までに
連載されていた作家・福井晴敏による同名小説を映像化した作品です。

 

「ファーストガンダム」と呼ばれる第一作『機動戦士ガンダム』を始めとした「宇宙世紀」を舞台にした物語で、
劇場版『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から3年後の宇宙世紀0096年が主な舞台。
地球連邦とジオン公国との一年戦争から16年後の新たな騒乱を描いた作品です。

 

 

本作品は、OVA(オリジナルビデオアニメ)として制作され、ビデオグラム(全7巻)が販売されましたが、
OVAガンダムとして最高記録となるBlu-ray/DVDの累計出荷数、190万枚以上を記録しています。
アニメ界の金字塔を築いた「機動戦士ガンダム」直系のDNAを持つ最強コンテンツを、今回、
番組用に古橋一浩監督自らが再構成しました。
手に汗握る演出でテレビアニメシリーズへと再起動させます。

 

 

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096

機動戦士ガンダムユニコーン

(C)創通・サンライズ

あらすじ

宇宙世紀 0096年。
『シャアの反乱』から3年、工業スペースコロニー〈インダストリアル7〉に住むバナージ・リンクスは、
オードリー・バーンと名乗る謎の少女と出会う。
戦争の火種となるビスト財団とネオ・ジオン残党軍『袖付き』による、
『ラプラスの箱』の取引を止めようと行動しているという彼女に対し、協力するバナージ。
しかし、同じく取引の阻止のため乗り込んできた地球連邦軍と『袖付き』との戦闘により、コロニーは戦場と化してしまう。
オードリーを探して戦火を走り抜けるバナージは、『ラプラスの箱』の鍵となる純白のモビルスーツ、
『ユニコーンガンダム』と運命的な出会いを果たす。
『ラプラスの箱』とは何か、それが抱く秘密とは何か……。宇宙世紀100年の呪いが、解かれようとしていた。

スタッフ

原作:矢立肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より)
監督:古橋一浩
ストーリー:福井晴敏(「亡国のイージス」「終戦のローレライ」「機動戦士ガンダムUC」作者)
脚本:むとうやすゆき
オリジナルキャラクターデザイン:安彦良和
アニメーションキャラクターデザイン:高橋久美子
モビルスーツ原案:大河原邦男
メカニカルデザイン:カトキハジメ、 石垣純哉・佐山善則・玄馬宣彦
メカニカルデザイン協力:明貴美加
設定考証:小倉信也
音楽:澤野弘之(「連続テレビ小説 まれ」「進撃の巨人(アニメ)」音楽)
音響監督:木村絵理子
美術監督:池田繁美
色彩設計:すずきたかこ
撮影監督:葛山剛士・田中 唯
CG ディレクター:藤江智洋
編集:今井大介
アニメーション制作:サンライズ
製作:サンライズ・メ~テレ

メインキャスト(声優)

バナージ・リンクス(16) (CV:内山昂輝)

機動戦士ガンダムユニコーン

(C)創通・サンライズ

本編の主人公。
工業スペースコロニー〈インダストリアル7〉のアナハイム・エレクトロニクス工業専門学校に通う学生。
母の死後、引き取ってくれた父とはまだ会ったことがない。
謎の少女オードリー・バーンと出会い『ラプラスの箱』を巡る事件に巻き込まれていく。

オードリー・バーン(16) (CV:藤村 歩)

機動戦士ガンダムユニコーン

(C)創通・サンライズ

本編のヒロイン。
『袖付き』と呼ばれる反政府組織の重要人物。
ある目的のため偽装貨物船《ガランシェール》に密航して〈インダストリアル7〉に潜入する。
バナージに助けられ、運命が変わっていく。

フル・フロンタル(年齢不詳) (CV:池田秀一)

機動戦士ガンダムユニコーン

(C)創通・サンライズ

『袖付き』と仇名されるネオ・ジオン残党軍を率いる人物。
『シャアの再来』と呼ばれ、自ら専用機である真紅のモビルスーツ、シナンジュを駆る。仮面の男。

リディ・マーセナス(CV:浪川大輔)
マリーダ・クルス(CV:甲斐田裕子)
アンジェロ・ザウパー(CV:柿原徹也)
スベロア・ジンネマン(CV:手塚秀彰)
ミコット・バーチ(CV:戸松 遥)
タクヤ・イレイ(CV:下野 紘)
カーディアス・ビスト(CV:菅生隆之)
アルベルト(CV:高木 渉)
サイアム・ビスト(CV:永井一郎)

メカニック

機動戦士ガンダムユニコーン
「ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)」

(C)創通・サンライズ

ユニコーンガンダム

機動戦士ガンダムユニコーン
「ユニコーンガンダム(デストロイモード)」

(C)創通・サンライズ

地球連邦軍から依頼され、アナハイム・エレクトロニクス社がひそかに進めていた『UC計画』のもと、
開発された試作モビルスーツ。
全身純白に輝く機体に頭部の一本角が特徴。通称ユニコーン。その機体には人類の未来を揺るがせるというある秘密が隠されている…。

シナンジュ

機動戦士ガンダムユニコーン
「シナンジュ」

(C)創通・サンライズ

U.C.0094 にアナハイム・エレクトロニクス社から『袖付き』によって強奪された試作モビルスーツ。
ムーバブルフレームの一部にサイコフレームが採用され、この機体のデータを基にユニコーンガンダムが完成された。
『袖付き』のフル・フロンタルの専用機であり、その圧倒的な戦闘力と真紅の姿は、見る者にかつての”赤い彗星”を連想させる。

番組の見どころ

新規映像による、オープニングとエンディング!

アニメ「機動戦士ガンダムユニコーン」のサウンドトラックを手掛ける人気作曲家・澤野弘之による、
ボーカルプロジェクト“SawanoHiroyuki[nZk]”が担当し、オープニングは新曲を採用します。
また、今回番組用に新たな映像を作成。 美しい作画とスタイリッシュな演出で番組を彩ります。
【オープニングテーマ】:「Into the Sky」 by SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle(※新曲)
【エンディングテーマ】:「Next 2 U -eUC-」 by SawanoHiroyuki[nZk]:naNami

古橋一浩監督自らが再構成&池田秀一による、各話紹介!

「機動戦士ガンダム」のシャア役、そして本作『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』では、
“シャアの再来”と呼ばれる男、フル・フロンタル役を演じる池田秀一が、次回予告および第2話以降のアバンタイトルのパートで、
ナレーションを担当します。
古橋監督による新たな構成と合わせて、本作品の更なる可能性を見出します。

連動データ放送を使ったゲーム&プレゼント企画を実施!

番組放送中に、連動データ放送で遊べるゲームを実施!プレゼントをゲットできるチャンスなど、
リアルタイムで放送を見ることで、関連するコンテンツを楽しめます。

メ~テレ コンテンツ局長・福嶋 更一郎 コメント

【1979年の子供達から、子ども達へ】
「機動戦士ガンダム」が、1979年4月に名古屋テレビ(メ~テレ)で放送が開始され、
約一年後に「1年戦争」が終結してから、地球時間では37年の歳月が過ぎました。
かたや半分以下のスピードで時を刻む宇宙世紀では、16年の時間が経過し、
「1年戦争」の記憶が薄らいだ宇宙世紀0096年に新たな騒乱が起きます。
それが「機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096」で描かれている世界です。
地球時間で37年の歳月は、アニメーション技術を飛躍的に進化させ、テレビはアナログからデジタルに進化、
名古屋テレビもメ~テレへと表記を変え、1979年の子供達は、いまや大人になりました。
「機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096」を、是非、1979年の子供達と2016年の子ども達がテレビの前で一緒に見て頂けたら幸いです。
地球時間と宇宙世紀の挟間で、何かを感じてもらえるかと思います。

 

 

(C)創通・サンライズ

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

          

最新情報をお届けします

 

Twitterでフォローしよう!

LINEに記事が届く!

line

この記事を執筆したライター:サブカルウォーカー編集部

アバター

サブカルウォーカー編集部です。 毎日、アニメや声優、ゲーム、音楽やアイドル、コスプレなどのサブカルチャー関連のニュースやコラムなどを執筆しております。

関連記事一覧

関連記事一覧

ページトップ