【プレステ クラシック】ミニサイズ&20作品内蔵で数量限定販売へ

サブカルウォーカー編集部

プレステ クラシック

出典:PlayStation.Blog

1994年に発売された「プレイステーション(PlayStation/プレステ)」のデザインをそのままに、
ミニサイズで復刻されたた「プレイステーション クラシック(プレステ)」が発売となることが決定しました。
価格や販売時期、そして内臓されるソフトなども合わせて発表されています。

コンパクトでミニサイズ!?プレステ クラシックが発売決定!

本日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが
1994年12月3日(土)に日本で発売開始となった「プレイステーション(PlayStation/プレステ)」の
デザインや見た目がそのままに、コンパクトサイズとなって楽しめる「プレイステーション クラシック(プレステ)」の発売を発表しました。

気になる「プレステ クラシック」はデザインは、
「プレイステーション」の初期型の外見やボタン配置、コントローラ、外箱パッケージを変えずほぼ採用。
そして、コンパクトサイズだという本体は縦横で約45%、体積で約80%小さくなって復刻します。

プレステ クラシックで内臓されるソフトは!?

では、ミニサイズとなって登場る「プレステ クラシック」ではどのようなゲームが楽しめるのでしょうか??
発表によると、ゲーム機の中に20ものタイトルが内臓されるとのこと。
その収録タイトルが一部発表となっており、『R4 RIDGE RACER TYPE 4』(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)、『JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻』(SIE)、『鉄拳3』(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)、
『ファイナルファンタジーⅦ インターナショナル』(株式会社スクウェア・エニックス)、『ワイルドアームズ』(SIE)など、
名だたる名作たちが名を連ねています。

そんな「プレステ クラシック」は、
2018年12月3日(月)より、9,980円(+税)で数量限定販売されます。
あの頃、ハマって遊んでいたという方に、オススメの1品となりそうです。
ただ、ネット上でも一部の方が反応しているように、数量限定ということで、
すぐに在庫がなくなる可能性と、転売で高く売られるパターンが懸念されています。
果たして、この辺りの対策はされるのでしょうか?

兎にも角にも、この「プレステ クラシック」というゲーム機の発表にネット上では話題となっています。
これ1機で、コントローラーも2つ同梱され、気軽に友達などと遊べるという点や、
人気作が収録されるということで、これから発売に向けて、さらに注目が集まってくると思います。
また、スペックなども公開となっていますので、是非気になる方はチェックください。

プレステ クラシックの概要

プレステ クラシックの概要

出典:PlayStation.Blog

■商品名
プレイステーション クラシック
■型番
SCPH-1000Rシリーズ
■発売日(予定)
2018年12月3日(月)
■希望小売価格
9,980円(+税)
■同梱物
・本体 × 1
・コントローラ × 2
・HDMI®ケーブル × 1
・USBケーブル × 1
・印刷物一式
■CERO
審査予定

スペック概要

■映像出力
720p、480p
■音声出力
リニアPCM
■入出力
・HDMI®端子
・USB端子(Micro-B)
・コントローラ端子 ×2
■電源
DC 5V/1.0A
■最大消費電力
5W
■外形寸法
約149×33×105mm(幅×高さ×奥行) (コントローラ除く)
■質量
・本体:約170g
・コントローラ:約140g
■動作環境温度
5℃~35℃

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

          

最新情報をお届けします

 

Twitterでフォローしよう!

LINEに記事が届く!

line

ライター:サブカルウォーカー編集部

サブカルウォーカー編集部です。 毎日、アニメや声優、ゲーム、音楽やアイドル、コスプレなどのサブカルチャー関連のニュースやコラムなどを執筆しております。

関連記事一覧

ページトップ