【ゴブリンスレイヤー】牛飼娘のフィギュアをレビュー!原作3巻のイラストを立体化

サブカルウォーカー編集部

【ゴブリンスレイヤー】牛飼娘のフィギュアをレビュー!原作3巻のイラストを立体化

出典:Amazon.co.jp

アニメ「ゴブリンスレイヤー」より登場の牛飼娘のフィギュアをレビューしていきたいと思います!!
今回は、クオリティー高い彼女の全身や個人的な注目ポイントなどを交えて、
画像と合わせてその魅力をご紹介していきたいと思います!!
牛飼娘が好きな方必見のフィギュアとなっています!!

「ゴブリンスレイヤー」牛飼娘フィギュアをレビュー!!

2018年10月から12月までの期間に、アニメが放送された「ゴブリンスレイヤー」。
原作と共に、アニメも大きな反響となった作品です。
今回、そんな本作よりあのキャラクターが立体化されることが決定しました。

そのキャラとは・・・・
主人公「ゴブリンスレイヤー」の幼馴染である「牛飼娘」です!!
彼女がこの度、1/7スケールフィギュアとして発売決定です!!
ということで、本記事ではそんな彼女の魅力をお届けするべく独断と偏見でレビューしていきたいと思います!
では、早速見ていきましょう!

牛飼娘フィギュアは、原作イラストを忠実に再現!!

牛飼娘フィギュアは、原作イラストを忠実に再現!!

出典:Amazon.co.jp

今回、発売が決定している「牛飼娘フィギュア」は、
「ゴブリンスレイヤー」の原作小説・第3巻の表紙イラストを元に忠実に再現されています。
実際に、表紙をご覧になっていただければお分かりだと思いますが、再現度は高いと思います。

両腕を大きく上げて、片足を上げている姿はとってもキュート。
また、通常であればわかりづらいであろう作業着のような服の上からでも
すぐにわかる抜群のスタイルは男性諸君の心を撃ち抜くことでしょう。

牛飼娘の可愛いらしい表情と抜群のスタイルが素晴らしい!

牛飼娘フィギュアの可愛いらしい表情と抜群のスタイルが素晴らしい!

出典:Amazon.co.jp

先ほどはスタイルについてご紹介させていただきましたが、
このどは後ろからの画像をご覧ください。
いかがでしょうか??

前から見てもわかる抜群のプロポーションですが、
後ろからみると、よりくびれなどが強調されており、一目でスタイルの良さがわかると思います。
また、とてもシワの多い衣装となっていますが、細部まで造りこまれている事で、チープな感時は一切しません。

牛飼娘 フィギュアのドアップ画像

出典:Amazon.co.jp

そして、注目していただきたいポイントは彼女の表情です。
とっても可愛いらしい笑顔はとっても癒されます。
また、細かい髪の毛の動きなども造形にこだわっているな〜という印象。

さらに、とても小さなベルトなどの衣装の装飾部分にも手を抜かず造られているのが近くで見るとわかります。
それにしても胸部がとっても・・・・
全体を見た感じ、個人的にはクオリティーに文句なし、牛飼娘推しの方にはオススメできるフィギュアとなっています。

そんな「牛飼娘」フィギュアは、
2019年12月より、発売予定となっています。
すでに、取り扱い店舗では予約受付がスタートしていますので、気になる方は要チェックです!

ゴブリンスレイヤー「牛飼娘」フィギュアの商品概要

ゴブリンスレイヤー「牛飼娘」フィギュアの商品概要

出典:Amazon.co.jp

■商品名
ゴブリンスレイヤー 牛飼娘 1/7スケール フィギュア
■メーカー
Phat!
■価格
14,800円(+税)
■発売日時
2019年12月
■仕様
ABS&PVC 製塗装済み完成品
■サイズ
1/7スケール
全高:約270mm
■付属品
専用台座

ゴブリンスレイヤー「牛飼娘」フィギュアのレビューまとめ

ゴブリンスレイヤー「牛飼娘」フィギュアのレビューまとめ

最後までご覧いただきありがとうございます。
今回は、人気作品「ゴブリンスレイヤー」に登場するキャラクター「牛飼娘」が
立体化するということで、そのフィギュアをご紹介していきました。

簡易的にレビューをしてみましたが、
やはり、欲しくなりますね・・・・・
きっと明日頃にはポチっていることでしょう・・・・

この「牛飼娘」フィギュアの何が魅力的かというと、
本編と同じ、もしくはそれ以上にも感じる仕上がりというところでしょうか。
もちろん、感じ方に個人差はあるでしょうけど。
個人的には、不満ない商品だなと思いました。
他のキャラも集めてゴブリンスレイヤー専用の棚を作成したいぐらいです。笑
是非、今回の記事を読んで気になったという方はチェックしてみてくださいね!

ゴブリンスレイヤー とは?

ゴブリンスレイヤー とは?

出典:Amazon.co.jp

『ゴブリンスレイヤー』は、
GA文庫(SBクリエイティブ)より、刊行されている小説(ラノベ)。
著者は、蝸牛くも氏、イラストえお神奈月昇氏が担当されています。
また、月刊ビッグガンガン(スクウェア・エニックス)にてコミカライズ版が連載中。

TVアニメは、2018年10月から12月までに放送。
監督を尾崎隆晴氏、シリーズ構成・脚本を倉田英之氏、
脚本を黒田洋介氏、キャラクターデザインを永吉隆志氏、アニメーション制作をWHITE FOXが手がけています。

本作は、
原作シリーズ累計300万部を突破した蝸牛くも氏×神奈月昇氏が贈るダークファンタジー。
王道とは正反対の主人公の姿を描くストーリーとなっています。

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

          

最新情報をお届けします

 

Twitterでフォローしよう!

LINEに記事が届く!

line

ライター:サブカルウォーカー編集部

アバター

サブカルウォーカー編集部です。 毎日、アニメや声優、ゲーム、音楽やアイドル、コスプレなどのサブカルチャー関連のニュースやコラムなどを執筆しております。

関連記事一覧

ページトップ