【メルヘンメドヘン】9話の作画が崩壊!?何かがおかしいと話題に

サブカルウォーカー編集部

メルヘン・メドヘン 9話 作画

出典:http://www.amazon.co.jp/

松 智洋氏&StoryWorks&カントク氏が贈る魔法少女ファンタジーオリジナルアニメ「メルヘンメドヘン」の
第9話がついに放送されました。
しかし、この9話の作画が崩壊しすぎているとファンの間で話題に。
果たして、どうしてしまったのか!?

アニメ「メルヘンメドヘン」9話の作画が崩壊しすぎ!?

作画クオリティの改善のため、
放送が延期されていたアニメ「メルヘンメドヘン」の第9話がついに放送されました。
2週にわたって、再放送を挟み、作画の改善が行われた・・・・・はず!?

しかし、
放送された9話を楽しみに待っていたファンからは、
作画が崩壊しすぎなのでは!?と言った指摘が。

アニメ「メルヘンメドヘン」9話の作画がおかしいとファンの間で話題に

上記の放送をを観たファンのツイートを見る限り、
これまでの本作の作画とはかなりかけ離れたものに。
確かに、本編を見ると物語が頭に入ってこないレベルではあります。

アニメ「メルヘンメドヘン」に登場するキャラクターは、
これまでの放送を見る限り、評価は高かったので、
今回の9話の作画にはちょっと驚いたファンも多いようです。

それでも、来週の10話に期待するファンが多いのも事実。
来週の放送では、作画のクオリティーは元のレベルに戻っているのでしょうか?
本編と合わせて見所となりそうです。

「メルヘン・メドヘン」とは?

「メルヘン・メドヘン」は、
松 智洋氏&StoryWorks&カントク氏が贈る魔法少女ファンタジー。
ダッシュエックス文庫(集英社)にて、小説が刊行されているほか、
コミカライズも行われています。

そして、TVアニメ化も決定しており2018年に放送予定。
総監督を斎藤久氏、監督を上田繁氏、
シリーズ構成を松智洋氏、キャラクターデザインを森川侑紀氏、
アニメーション制作をフッズエンタテインメントが手がけます。

本作は、
「原書使い」を目指す「見習い」(=メドヘン)の少女たちが、
「原書」と共に自らの物語を紡いでいく夢と魔法と青春の物語。

下記の記事もチェック

 

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

          

最新情報をお届けします

 

Twitterでフォローしよう!

LINEに記事が届く!

line

ライター:サブカルウォーカー編集部

サブカルウォーカー編集部です。 毎日、アニメや声優、ゲーム、音楽やアイドル、コスプレなどのサブカルチャー関連のニュースやコラムなどを執筆しております。

関連記事一覧

ページトップ