【二度目の人生を異世界で】アニメ化の中止&原作の出荷停止が決定に

サブカルウォーカー編集部

二度目の人生を異世界での声優が連続で降板を発表!作者のヘイト発言も・・・

出典:Twitterより

2018年10月より放送開始予定となっていたTVアニメ「二度目の人生を異世界で」のアニメ化中止が発表されました。
さらに、本作の原作の出荷停止も合わせて発表されています。

「二度目の人生を異世界で」のアニメ化が中止に。

昨日、アニメ「二度目の人生を異世界で」の声優陣が一斉に降板することを発表し話題となった本作。
また、作者のまいん氏の過去の発言によって炎上していたこともあり、
現在もネットを中心に話題となっている本作。

通常であれば10月より放送予定となっていましたが、
一連の騒動を受けて昨夜、アニメ「二度目の人生を異世界で」公式サイトにて、
正式にアニメ化の中止が発表となりました。

二度目の人生を異世界で

出典:アニメ「二度目の人生を異世界で」公式サイト

お知らせでは、
「本アニメの放送及び製作の中止をお知らせ致します。」とし、
謝罪の文面が綴られています。

アニメ化の中止と合わせて原作の出荷停止も発表に

さらに、
本作の原作小説を刊行しているホビージャパンがすでに発売されている計18巻を出荷停止にす旨を発表。
まさかの原作まで影響が及ぶ事態に。

この報道を受けてネット上では物議を醸しています。
いろいろある意見の中、目立ったのは「アニメ化の中止と原作の出荷停止には違和感を感じる」といったような内容。
また、アニメ化決定した側、原作を刊行した側にも責任があるのでは?と言ったコメントまで。
今回の作者の一連の発言及び、作品の一部設定等に関しては、擁護しづらいが、
既に決定していたアニメ化や原作の出荷停止に納得いかない方もいるようです。

また、
一部コメントでは、今回の作者の一連の発言などにより、
降板した声優さんへの影響も出ていたのでは?といった内容まで出ている状況に。
声優降板の理由も明かされていない状況ですので、真相は闇の中ではありますが、
今回の騒動についてネット上では様々な意見が飛び交っている状況。

「二度目の人生を異世界で」とは?

「二度目の人生を異世界で」は、小説投稿サイト「小説家になろう」にて投稿されている作品。
同サイトでは、累計1億8900万PVを超えている人気作品。
小説(ラノベ)は、HJノベルスより刊行されています。

また、コミカライズも行われており、「Comic Walker」にて連載中。
小説・コミックスの累計発行部数が100万部を突破するなどその人気ぶりは未だに加速中。

本作では、
前の人生で94歳で大往生した主人公・功刀蓮弥が、
神様っぽい幼女にお願いされて、異世界で二度目の人生を送るという内容を描いてます。

 

関連タグ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

          

最新情報をお届けします

 

Twitterでフォローしよう!

LINEに記事が届く!

line

ライター:サブカルウォーカー編集部

サブカルウォーカー編集部です。 毎日、アニメや声優、ゲーム、音楽やアイドル、コスプレなどのサブカルチャー関連のニュースやコラムなどを執筆しております。

関連記事一覧